創立50周年―設計作品集―
9/152

◆Project Summary事業主体コンサルタントスケジュール需要予測(2037)線区距離軌間車両編成給電方式駅車両基地DGR DKIMRTJNK , JTC , JEC , KOKEN 6 Local Engineer Consultants基本設計     2009年工事入札     2012年建設工事     2013年開業       2016年58,47million 人/日  50,000人ピークアワー15.123 Km1,067mm   6両      20m/1両直流 1500 V  架空線高架7駅、地下6駅合計13駅仕業検修庫総合指令所(OCC) , 留置線ジャカルタMRTプロジェクトは日本とインドネシアの二国間政府開発援助(ODA)により、2009年に基本設計が行われ、2013年Design BuildでContractorが詳細設計を開始する予定である。首都ジャカルタの中心部を南北に貫き南部7駅が高架、北部6駅が地下駅で計画されている。都心のデュカタス駅や車両基地もあるレバックブルス駅では、駅周辺の再開発を含めた大規模な開発計画も進められている。インドネシア初のMRTは首都ジャカルタの深刻な交通渋滞、環境汚染を解消する切り札として期待されている。Blok-M StationCipeta Raya StationElavated Stationデュカタス駅周辺の開発計画ジャカルタMRT 第1期路線図IstoraBendungan HilirDukuhatasManggarai StationBundaran HIKotaFatmawatiLebak BulusCipete RayaHaji NawiBlok-ABlok-MSising amangarajaSenayan凡例路線ジャカルタMRT第1期ジャカルタモノレールグリーンラインジャカルタMRT第2期ジャカルタモノレールブルーラインインドネシア初のMRT地上公園と一体としたデュカタス地下駅高架駅は周辺環境を配慮した自然換気と緑化がデザインテーマJAKARTA MASS RAPID TRANSIT PROJECT (PHASE-1)ジャカルタ高速旅客輸送プロジェクト 第1期インドネシア ジャカルタ市総合7総合

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です