創立50周年―設計作品集―
7/152

町の開発に伴い失われていく伝統的ファサードのディテール象徴駅としてのタンカン駅は駅全体を覆う膜屋根構造を採用ホーチミン市MRT(Mass Rapid Transit)1号線プロジェクトは、日本とベトナムの二国間政府開発援助(ODA)により進められ、2008年に基本設計を終え、現在コントラクターによる詳細設計が行われている。一部区間は着工している。高架鉄道区間11駅と地下鉄区間3駅からなる都市鉄道である。市中心部の始発駅であるベンタン駅では、地下鉄2号線、4号線が乗り入れ都市鉄道の一大結節点となるほか、駅に付随して地下ショッピングセンターの計画も同時進行している。増加する交通需要に対応し、ホーチミン市の交通渋滞及び大気汚染の緩和を図り、地域経済の発展及び都市環境の改善に寄与するものである。◆Project Summary事業主体出資者コンサルタントスケジュール需要予測(2030)線区距離軌間車両編成給電方式駅車両基地ベトナム国ホーチミン市人民委員会MAUR : 都市鉄道建設局JICA STEP LoanNK , JARTS (KOKEN) PBJ , JRC , JTC TONICHTEDI , TEDIS , TRICC基本設計     2008年工事入札     2011年建設工事     2012年開業       2018年1,020,000 人/日  46,900人ピークアワー地下区間    2.45 Km高架区間    17.2 Km1,435mm     標 準 軌6両      20m/1両STRASYA直流 1500 V   架空線高架11駅、地下3駅、合計17駅仕業検修庫総合指令所(OCC) , 留置線サイゴン橋の袂、タンカン高架駅ベンタン駅と地下街ショッピングモールビンタイ駅フックロン駅ラックシェ駅チュダック駅ビンタイ駅ハイテック駅アンフー駅タオディエン駅スオティエン駅ロンビン車両基地タンカン駅新幹線ヴァンタン駅バソン駅オペエラハウス駅ベンタン駅ホーチミン都市鉄道 1号線 路線図HO CHI MINH CITY URBAN RAILWAYCONSTRUCTION PROJECT(Line1)ホーチミン都市鉄道建設プロジェクト 1号線ベトナム ホーチミン市鉄道による地域経済の発展や環境改善凡例路線高架区間地下区間総合5総合

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です