創立50周年―設計作品集―
31/152

まちづくりのうえで記憶に残したい歴史と自然の都市軸のキーワードとして、『妙高軸』と『謙信軸』を設定し、これらの軸が、整備完了後も都市の中に生き続けることを提案しました。 妙高軸(自然の軸)  ・・・駅から街のシンボルである妙高山に向かうライン 謙信軸(歴史の軸)  ・・・駅・シンボルロード・遺跡関連施設・駅前広場の   シンボルモニュメントを結ぶラインまた、駅の空間構成の提案として、クロスする軸が感じられる平面にするとともに、明るく見通しのよい空間とし、周辺のまち並みとの一体感を創出することを提案しています。総合29総合

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です