創立50周年―設計作品集―
14/152

悠久なる自然と風格が映える駅地元自治体からの要望を受けて「見える駅」「感じる駅」「やさしい駅」をテーマとし、駅前広場に張り出す大屋根が特徴的な、開放感のある駅舎として設計された。出入口は城門をモチーフとした大きな門柱状の柱と下見板のデザインを取り入れたガラス壁を配し、内部の仕上げには天草石や肥後表のタペストリー、杉板の天井が使用されている。熊本県熊本市鉄道・運輸機構、交建設計大林・松尾・吉永JV高架下駅13,418.73㎡所在地 :設計:施工:駅形式:延べ面積:陰翳とリズムのある外観には、この地に渡来する天然記念物であるツルの羽ばたく姿がモチーフとして採用されている。またハイブリッド構造により可能となった大きなカーテンウォールは、「和」を感じさせる繊細な縦格子で構成され、駅前広場につくられた武家屋敷の門や塀のモニュメントと調和したデザインとなっている。鹿児島県出水市鉄道・運輸機構、交建設計東急・日東みらい・植村JV高架下駅2,642.65㎡所在地 :設計:施工:駅形式:延べ面積:鹿児島県川内市九州旅客鉄道、交建設計九鉄・東洋JV橋上駅2,376.44㎡所在地 :設計:施工:駅形式:延べ面積:デザインイメージである「ゆとりと広がり」「水景」を、内部空間の開放感やおおらかな稜線のシルエットをもつ大屋根、金属パネルやガラス面によるきらめきなどで表現している。高架駅の新しい展開「ハイブリッド構造」の駅東シナ海の「ゆとりと広がり」・川内川の「水景」未開業の駅名は全て仮称注記)九州新幹線は、九州を縦断して博多-鹿児島中央間を接続する鹿児島ルートと、九州西方へ伸びる長崎ルートがある。このうち鹿児島ルートについては、2004年に新八代-鹿児島中央間が、2011年には博多-新八代間が開業し、全線開業となった。長崎ルートでは現在工事が進められている。小倉博多武雄温泉嬉野温泉新大村長崎諫早越後船小屋新大牟田新玉名熊本新八代新水俣出水川内鹿児島中央久留米新鳥栖九州新幹線 熊本駅Kumamoto Station出水駅川内駅Izumi StationSendai Station12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です